保健師求人 広島

広島市の保健師求人は、非公開求人の利用が転職成功のカギです。

広島市の保健師の特色としては、医療施設系の保健師や、企業で働く産業保健師よりも、学校や市の行政サービス施設などで働く、行政保健師の需要が高いということが言えるでしょう。

 

広島市の医療施設数は、全国的に比較しても、そこまで多いとは言えません。また産業保健師に関しても、大阪や東京、横浜の大都市。また福岡市や神戸市などの中都市と比べても、そこまで多くはないというのが現実としてあるのです。

 

広島市で行政保健師として働くには、市町村における保健師採用試験を受け、合格をしなければなりません。広島市の場合、試験の内容は、作文と面接。そして身体検査のみとなっています。通常の市町村区などでは、一次審査や二次審査というような大掛かりな試験を行なっていることがほとんどなのですが、広島市は人間性を重要視するために、この3つの試験にパスをすれば、採用されることになるでしょう。つまりは比較的、他の市町村区に比べて、行政保健師としてデビューできるチャンスが高いということになるのですよ。

 

また募集人数に対しての応募人数も、他の市町村に比べ少なく、求人倍率が圧倒的に低いという特徴が挙げられます。ここ5年の求人倍率は、多くても10倍程度であるために、比較的に楽であると言えるでしょう。広島市において、行政保健師として採用された場合には、大学卒で初任給は20万円程度と言われています。3年制の短大卒であれば、19万円程度と言われています。

 

これを医療系の施設で働く保健師と比較してみると、少し物足りない感じを抱くことでしょうが、そこは公務員。他の手当が充実しているというのと、やはり安定感というものが抜群に違っているのです。住宅手当や通勤手当、扶養手当などの各種手当は、一般の企業保健師や医療機関とは比べ物にならないくらいに充実しているのですよ。

 

そういった点を考慮すると、そこまで待遇面は変わらないことから、将来性も考えて行政保健師への転職はかなり美味しい転職先であるといえるのではないでしょうか。試験をして受からなければならないといって、あとは自分の頑張り次第と思うのは当然のことでしょう。

 

しかし傾向というものがありますよね。過去の出題傾向であったり、どういった人間性を重要視されるのか?なんてことです。こういったものは過去に採用された人間や、その業界に詳しい人間の意見を聞くのが一番です。その際に利用したいのが転職支援サイトの存在。医療系転職支援サイトを利用して、効果的な転職活動を行なっていきましょう。

保健師求人サイト人気ランキング