保健師の求人

求人サイトの非公開求人ってご存知ですか?

保健師の求人探しは、非公開求人の利用が転職成功のカギです。へのご訪問ありがとうございます。企業が採用にかかるコストなどを効率化するなどの目的から、人材紹介会社に依頼して設定する求人枠を非公開求人といいます。人材紹介会社やエージェントに登録することで利用できるサービスです。

 

非公開求人のメリットとしては、専任アドバイザーが求職者の希望をカウンセリングした上で、最適の求人情報へとマッチングするシステムです。大手優良企業が提供する求人情報も多く、昨今では転職活動には欠かせない手段といえます。

保健師求人サイト人気ランキング

採用情報をお探しの保健師の方へ

保健師の採用情報は少ないということで、転職が難しいと感じている方は少なくないようです。確かに、保健師を職員の中心としてたくさん雇用する場所は保健所や保健センターなどで、一般的な企業は特別な立場の企業保健師を少人数雇用するのみです。

 

病院もやはり採用の中心は医師や看護師で、保健師を採用するにしてもそれほど人数は多くありません。そのため、他の職種に比べると採用情報の数はそれほど多くないのは仕方ないところです。

 

そして、保健師の採用情報は地域によっても差が出てきます。病院や介護関係ならばどんなところでも需要がありますし、学校保健師も場所を問わず活躍しています。

 

しかし企業保健師を雇う企業は大企業が中心で、その多くは中核都市の都心にオフィスを構えていることが多いでしょう。保健所も保健所設置都市、都道府県の保健所をおく県庁所在地くらいになります。保健所や保健センターから臨時職員・非常勤職員の採用情報が出されることはありますが、これも全ての自治体で期待できることではありません。

 

保健師の採用情報を探している方は、
保健師向けの転職サイトを利用して情報を見つけるという方法があります。待遇や勤務条件などにこだわりをもって転職活動を進めていくなら、なおのこと転職サイトの登録が役立ちます。

 

各地で出される求人には非公開求人というものがあって、それは転職サイトに登録していなければ見ることができないのが普通です。
採用側が応募してくる方に条件をつけていることも多いですが、この非公開求人に応募することができれば大きなチャンスとなります。

 

転職サイトで紹介しているのは主に民間の転職情報で、企業保健師の他には医療機関や介護施設が中心となります。
ここの情報に、ハローワークや自治体のホームページが紹介していることの多い公務員保健師の情報をあわせればいろいろなところで採用情報を得られます。保健師の方にも企業保健師・学校保健師・行政保健師といろいろな働き方がありますが、できるだけ幅広い視野をもって転職を行ってほしいと思います。

 

企業保健師や学校保健師はその職場の職員や学生を、行政保健師は地域の住民を広く手助けして健康向上に努める役割をもっています。どの働き方でも非常にやりがいのある職業ですが、難しい仕事であり対人サービスも多いためストレスもためやすい職業でもあります。求人は詳細までよく確認し、入職後のイメージとのミスマッチをできるだけ減らすようにしてください。

保健師求人探しのポイント

保健師での転職を目指す保健師さんは何気に多いと思います。保健師の転職を成功させる鍵は、なんといっても医療系に特化した転職支援サイトに登録して、転職活動に優位なメリットをどんどんと使っていきましょう。

 

保健師はその資格的な問題から看護師と一色多にされそうですが、何気に求人というものを考えると、看護師のほうが圧倒的に有利だと言えるのですよ。ですから保健師の転職活動は、決して簡単ではないということが言われています。医療業界であったり、福祉業界の中では、保健師という資格を持った人間は決して多くはありません。さらに求人数というものに関して言えば、決して多くはないというのが現実問題としてあります。

 

また保険資格を有している人間の多くが、行政保健師を代表とする公務員であるということも、転職活動の難易度を上げているということが言えるのではないでしょうか。保健師資格を苦労してとった上に、その後に公務員試験まで受けなければならない。この何重にもある試験地獄に、辟易としている保健師の方もいらっしゃると思います。

 

そもそも行政保健師の募集は、そこまで募集人員が多くない上に、近年の不況から目指している人間が多いということから、とにかく倍率が高いということが影響をしているとも言えますよね。

 

しかしすべての保健師資格の保有者が、転職に成功できないかというとそうではないわけですね。行政保健師が60パーセントを占めていますが、保健師の転職先は行政保健師ではありませんからね。産業保健師を中心に、転職を成功させているような人間は大勢いらっしゃいます。

 

行政保健師の募集は、新卒者や第二新卒者を求めているのに対して、産業保健師は臨床経験があるような現場経験がある程度にあるような人間を採用する傾向が高いのです。年齢制限も行政保健師に比べて設定していないことが多く、最初から保健師を目指して資格を取得したというものよりも、看護師資格を取得し、現場を経験した後に、その後キャリアアップのために保健師資格を取得したという人間を求めているケースが非常に多いわけなんですね。

 

こういった職種によって、強い弱いという認識があるかないかでも、転職活動の大きなポイントになってくることでしょう。こういったものは業界に精通している専門の転職支援サイトに相談するのが一番なんですね。自分がどこの分野に転職しやすい人間であるのかを把握することも、転職成功の第一歩と言えるのではないでしょうか。